セルフプロモート

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
これまで、仕事を作る上で自分でやって来た事がある。それはセルフプロモーションだ。自分の特性を知って自分のあり方を演出する。これは今後様々な場面で必要とされるスキルだろう。
特にアーティストには重要なスキルであると言えるが、今後、ビジネスマンであってもそういった能力が必要とされる事になるだろう。いや、すでにそれに気がついている人ほど仕事ができるといえるのかも知れない。
プロモーションに必要なのは独自性の見極めとともに、将来性だ。何かをする場合には、差別化と先読みが大事になってくる。その為には想像力を働かせて自分が取り組むべき方向性を確定しなくはいけない。
その際に大事なのは自立した精神と思考能力、客観的分析力と自己犠牲だろう。
特に、なぜ自己犠牲が必要になってくるかというと、目的の為には、他者を動かす必要もあり、自分だけで成就するようなやり方では広がりがなくなるからだ。
他者を動かすという書き方はあまりよろしくないが、動いて頂く為には、率先した利益の供与というものが必要になるということだろう。そうすることで、現象をおこすことができる。
プロモートした先にあるのはこの現象なのだ。
現象は、原因によって起きるため、原因を作る作業がプロモートであるとも言える。つまり、種まきだ。種まきに関しては種の種類、土壌の整備、天候の先読みなどが必要なので、こういったことを総合的に判断しなくてはいけない。
刈り取ることにしか意識がない人は、限られた搾取場で多くの競争相手と戦う事になる。しかし、種を植える人はやがて独自の畑から作物を刈り入れる事が出来る日が来るだろう
Tags: ,