この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

STR番組収録後の昨夜、Boshiくんが急逝されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

つきましては、彼との事少し書かせてください。

明日はStreet Art-plexが開催されるが、Art-plexとBoshiくんには関係がある。実はArt-plexが企画される前年、Boshiくんからの依頼で紅蘭亭の上通パビリオンにて「Loco Art」というアート展を企画することに成った。
元々、Boshi君が企画したのアート展で、一般的な画廊などを使う形ではなく、もっとアートに興味がない人でも見ることができる路上アート展が開けないかという事で、紅蘭亭の葉山さんにお願いして開催したのだ。
その時、「自分はまとめ役には向いてないから浅川さんお願い」と言われ引き受けた。その時参加していただいたアーティストの皆さんとは今でもいろいろお世話になっているけど、本当に面白い展示会だった。
町中の屋外でアート展をやるというのも面白かったが、私の独断で、アート作品以外にもライブペインティングやバンド演奏なども組み合わせ、色んな人に出演してもらった。
その展示会は混沌と狂気みたいなものが雑然と入り乱れ、美とはなにか?表現とは何か?更には、人間とは何か?を問いかけるようなものだったと思う。
その後、葉山さんから「この前やったLoco Artみたいなものを町全体に広げたようなイベントやんない?」と打診があり、そこから始まったのがStreet Art-plex だったのだ。
だから、きっかけを作ったのはBoshi君だと理解している。
私にとってもStreet Art-plexは多くのものを与えてくれたイベントだ。人との繋がり、イベントの運営方法のスキル、その他もろもろの体験。
彼にとってアートとは何だったのか?そんな問いかけをしたら、多分こんな答えが返ってくるかもしれない。
「浅川さん。また難しいこと言うんだから!そんなの考えても意味ないよ。ただ、絵を描くこと。それしか出来ないからやってんのよ。」
最後のメディア出演のショートトラックラジオのシェアの記事で彼は自分のだみ声を「醜い声だ」と自嘲しているが、そんなことないよ。
君の声も存在もやっぱり美しい。
写真撮影:2003/08/07 @Art-plex

 

deltaworksP8070035-8070035.jpg

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

インターネット上の様々なサービスというのは新陳代謝のスピードが速い。それらは泡のように現れ泡のように消えていく。
Creatty.png(FBのファンサイトは今でもアクセス可能だが更新は行われていない)

今回アート系の投稿ギャラリー Creatty のサイトが閉鎖されたようだ。KDDIの∞LABから生まれた新しいタイプのシステムだったが、現在サイトにもアクセスできなくなっていて、アプリも起動できない。

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
「物事に偶然と言うものはない」と言うのはよく聞く言葉ですが、確かに階段をずっと上がって上の方から眺めればきっと全ては繋がっているのでしょう。

でも、その階段を降りて観測点を変えると、それらの連携は見えなくなってきます。

今自分がどの観測点で見ているのか?それが大事なのだと感じました。

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
ここの所立て続けにSTRの特番を流してますが、価値観の多様化において、それぞれの活動や生き方そのものも変化している事を感じています。また、別の側面としてそういった多様化した価値観の中でのコミュニケーションの難しさも生まれている時代です。

ちょっとぼんやりした概念論を書きます。

日本人の意識の変遷は、戦前の帝国主義である意味、意識としての高エネルギー状態に達し、敗戦による意識の崩壊、再構築を経て、経済主義により更にエネルギーが高まるわけですが、それが徐々に分散化して、全体が低エネルギー状態になっているのが現代だと感じます。

もっと言うならば、全体のエネルギーがさらに下がりバラバラになっていくそんな時代かも知れません。だからこそ政治の世界ではもう一度過去の高エネルギーに戻そうと云う力が働いているのかもしれません。

しかし、そういった意識の分散と再構築は現時代的に必要であって、全体が落ちていくその状況さえも重要な自浄作用であると考えています。

そこに抗って過去の栄光を取り戻そうとすれば、逆に全体のエネルギーから弾き飛ばされ、更状況は悪くなるのではないかというのがその感想です。

その中に於いて、未来における希望を感じる在り方を実践しようとしている人達がいます。私はそれらの人々に勇気を頂きます。

何が起きるかわからない今ですが、それでも、着実に明日を自らの力で切り開いていこうする人達がいます。まだまだ、やれるはず。

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

http://m.kaji-ka.jp/top
熊本で文芸誌を出版していらっしゃる伽鹿舎のサイト及び初版の雑誌、「片隅」にて私が運営している写真配布サイトキロクマ!の写真を多数ご利用頂きました。
「片隅」の雑誌の帯には、以前砂千里にて夜間撮影した一コマが使われており、とても嬉しく思いました。
というのも、この写真が、夜の阿蘇を撮影しようと思い立った出発点でありまた、夜の阿蘇を体験することで、自分の中に「地球と私」という実感を頂いた一瞬だったからです。
九州限定の文芸誌の発刊。活字離れが進む現代において、難しい部分も多々あるとは思いますが、こういった取り組みは文化を守る意味でも重要な事だと思います。
現在、町中の本屋に平積みされていると思います。是非、みなさまもご支援のほどよろしくお願いします。
今朝、代表者の方が雑誌を持っていらっしゃいました。残念ながらすれ違いでお会いできませんでしたが、大変感謝しています。ありがとう。